/

テスラ、ビットコイン決済を停止 「環境負荷を懸念」

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
テスラは3月下旬に米国でビットコイン決済に対応し始めていた=ロイター

【シリコンバレー=白石武志】米テスラは12日、暗号資産(仮想通貨)「ビットコイン」を使った電気自動車(EV)などの購入手続きを一時停止したと発表した。「マイニング(採掘)」と呼ぶ計算作業で消費する電力を発電するために、化石燃料の使用が増えていることを懸念したためとしている。

イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が12日付のツイッターへの投稿で明らかにした。投稿の中で同氏は「仮想通貨は様々な面で良いアイデアであり、将来性があると信じているが、環境に大きな負担をかけるわけにはいかない」と述べた。

暗号資産に不可欠なマイニングと呼ぶ膨大な計算作業では、大量の電力が消費される。マイニングが盛んな地域は電力コストが安い中国やロシア、カザフスタン、イランなどに偏り、こうした地域では化石燃料による発電に依存するケースが多いとされる。

テスラは2月、15億ドル(約1600億円)相当のビットコインを購入したと明らかにし、3月下旬から米国で同社製EVなどについてビットコインによる支払いに応じ始めていた。自動車の電動化を通じて石油依存社会からの脱却を掲げるテスラが、環境負荷の大きいビットコインを決済に使うことはESG(環境・社会・企業統治)の流れに反するとの声もあがっていた。

テスラは保有するビットコインについては売却せず、マイニングがより持続可能なエネルギー源に移行すればビットコインを使った取引を再開する意向を示した。同社はビットコインに比べエネルギー消費が少ない他の仮想通貨による決済も検討するという。

仮想通貨の信奉者とみなされてきたマスク氏の方針転換は、ビットコイン相場に影響を与えそうだ。情報サイトのコインデスクによると12日午後に5万4000ドル台で推移していたビットコイン価格はマスク氏のツイッター投稿後、大きく下落し、一時5万ドル台を割り込んだ。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン