/

米共和党、反トランプ派幹部を解任

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
共和党のリズ・チェイニー下院議員は下院ナンバー3の座から追われた=AP

【ワシントン=永沢毅】米共和党は12日、トランプ前大統領と対立している下院ナンバー3のリズ・チェイニー党会議議長の役職を解任した。チェイニー氏はトランプ氏が訴える大統領選での不正を「大ウソ」と否定し、トランプ氏が排除を求めていた。

米メディアによると、解任は下院議員の非公開会合で発声投票で決めた。共和党の下院指導部は2022年秋の中間選挙に向けて党支持層に根強い人気を誇るトランプ氏の協力が不可欠と判断、チェイニー氏の追放に踏み切った。

チェイニー氏は解任後、記者団に「私たちは真実に基づいて前進しなければいけない」と述べ、大統領選の選挙結果は正しかったと改めて主張した。「前大統領をオーバルオフィス(大統領執務室)に2度と近づけないようにするため、あらゆることをする」と宣言し、24年大統領選の出馬を念頭に置くトランプ氏にクギを刺した。

トランプ氏は声明で「リズ・チェイニーはひどい人物だ。どれだけ共和党に害を及ぼすかよく分かった」と非難した。

チェイニー氏はブッシュ政権(第43代)で副大統領を務めたディック・チェイニー氏の長女で、現在は下院議員3期目。当選回数は少ないながらも知名度から将来の有望株とみられていた。1月のトランプ氏への弾劾決議の採決で民主党とともに賛成に回り、反トランプ派の急先鋒(せんぽう)となっている。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン