/

米の白人人口初の減少 20年国勢調査、多様化進む

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ワシントン=芦塚智子】米国勢調査局が12日に発表した2020年国勢調査の詳細によると、米国の白人人口(中南米系のヒスパニックを除く)が10年前の前回調査に比べて2.6%減少した。米メディアによると白人人口の減少は1790年の国勢調査の開始以来初めて。ヒスパニックやアジア系などのマイノリティー(少数派)が増加しており、米社会の多様化が進んでいる。

非ヒスパニックの白人が全人口に占める割合は10年調査の63.7%から57.8%に下がり、6割を切った。出生率の低下や薬物中毒死の増加などが影響したとみられている。

一方、ヒスパニック人口は23%増加し、全人口の18.7%を占めた。アジア系は35.5%、黒人は5.6%それぞれ増加した。2つ以上の人種を自認する人の数も10年前に比べ約3.8倍の約3380万人に達した。

米国の人口は3億3144万9281人で、前回調査から7.4%増と史上2番目に低い伸び率となった。今回の調査に新型コロナウイルスによる死者数は反映されていない。都市部への人口集中が進み、都市や郊外地域に住む人の割合が86%に上った。

今回発表となった人口データは、連邦議会下院や各州議会の選挙区の区割りに反映される。選挙区の区割りは州議会に権限がある州が多く、共和党が主導するテキサスやフロリダなどの州では自党に有利な線引きをすることが確実だ。各州議会はデータ発表を受けて選挙区の区割り作業に着手する見通しで、22年の中間選挙に影響するため注目されている。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン