/

米、ワクチン1回目接種を拡大 高齢者向けに2回目分放出

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
米国ではワクチンの接種が政府目標を下回っている=AP

【ワシントン=鳳山太成】米政府は12日、新型コロナウイルスワクチンの接種を広めるため、在庫を全量放出すると明らかにした。ワクチンは2回の接種を前提とするが、高齢者などへの接種を増やすため、2回目のために保管するワクチンを放出する。国内の死者数が1日4000人を超えるなか、遅れを取り戻すために戦略を転換する。

アザー厚生長官が記者会見で明らかにした。2020年12月中旬以降に始まった米ファイザーや米モデルナのワクチンは1人2回の接種を前提としており、2回目分は配らずに取り置いてきた。同氏は「供給が需要に追いついた」と述べ、取り置き分を放出すると説明した。2回目の接種が遅れることはないと主張している。

米疾病対策センター(CDC)によると、12日までに約2770万回分が各州に供給され、約933万人が1回目を接種した。アザー氏によると、保管分を放出することで即座に配布分も含めて合計3800万回分が利用可能になる。さらに今週追加で供給する予定だ。

米国では約2100万人の医療従事者と約300万人の介護施設居住者に優先的にワクチンを投与してきた。これから約5300万人に上る65歳以上の高齢者にも接種を始める。米政府は、実務を担う州に対し、すべての医療従事者が2回打つのを待たずに、高齢者への接種を始めてもよいと勧告した。

ファイザーやモデルナのワクチンは3~4週間空けて2回接種することで90%超の予防効果が得られるという。ただ1回目でも一定の予防効果があり、アザー氏は接種者を増やすことが「現時点で人命を救う最良の方法だ」と強調した。

コロナの被害拡大が止まらないなか、各国政府の対応は時間との闘いだ。いかにワクチンを速やかに供給するかが大きなカギを握る。

トランプ政権は2020年末までに2000万人のワクチン接種を目指したが、2割にとどまった。メーカーの増産に時間がかかるほか、接種場所や人員の確保、物流網の整備が遅れている。一般市民へのワクチン接種を始めるにあたり、西部カリフォルニア州ではディズニーランドを拠点の一つにする。

ワクチンの早期供給はバイデン次期米大統領が最初に直面する難題だ。就任後、朝鮮戦争下に成立した「国防生産法」を使って、ワクチンに必要な材料を優先的に生産するよう企業に命じる方針だ。政権移行チームは8日、ワクチンの在庫を全量放出する方針をトランプ政権より先に表明していた。

バイデン氏は就任100日後の4月末までに1億回分を接種する目標を達成するため、自らの供給計画を近く発表する。ただワクチン接種の最終権限は地方自治体が持ち、連邦政府の対応には限界がある。CDCが指針をつくって助言するが、誰の接種を優先するかなど具体策は州によって分かれる。公約実現のハードルは高い。

新型肺炎

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

バイデン次期政権

アメリカの「バイデン次期政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン