/

この記事は会員限定です

米、半導体復権へ官民足並み アジア依存に危機感

[有料会員限定]

バイデン米政権が半導体のサプライチェーン(供給網)を強化するため、産業界との連携を深めている。12日には経営者を集めて、安定調達の方策を議論した。米中対立が深まるなか、安全保障の観点から台湾などアジアに依存することへの危機感が高まっている。

「中国や他国は(投資を)待たない。我々も待つ理由はない」。バイデン大統領は12日に開いたオンライン会議で、半導体の国産化を目指して巨額の補助金を投じる中国への...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1209文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン