/

米国務長官、2カ月続け訪欧へ ロシア・アフガン協議

ブリンケン米国務長官は3月下旬にブリュッセルを訪れたばかりだ=ロイター

【ワシントン=中村亮】米国務省は12日、ブリンケン国務長官が13~15日の日程でベルギーの首都ブリュッセルを訪問すると発表した。訪欧は2カ月連続で、同じタイミングでブリュッセルを訪れるオースティン国防長官と合流する。ロシアやアフガニスタン情勢について欧州の同盟国と協議する。

ブリンケン氏は3月下旬、北大西洋条約機構(NATO)外相理事会に出席するためブリュッセルを訪れたばかりで、異例のペースでの訪欧となる。オースティン氏は14日にNATOのストルテンベルグ事務総長と会談する予定で、ブリンケン氏も同席するとみられる。

国務省は声明で、NATOの同盟国と「幅広い優先課題」を協議すると説明した。主要テーマはロシアへの対応だ。ウクライナとの国境付近にロシア軍が集結しており、米欧は警戒を強めている。アフガンでは外国部隊の撤収期限が5月1日に迫る。バイデン米大統領は予定通りの撤収について「厳しい」との認識を示しており、駐留延長をめぐり詰めの協議をする見込みだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン