/

作家ラシュディ氏刺される 「悪魔の詩」著者、男拘束

(更新)

【ニューヨーク=共同】イスラム教預言者ムハンマドを題材にした小説「悪魔の詩」で知られるインド出身の英作家サルマン・ラシュディ氏(75)が12日、米東部ニューヨーク州で講演の直前、男に襲撃された。目撃情報によると、刃物で首などを複数回刺され大量に出血した。詳しい容体は不明。男は現場で拘束された。米メディアが伝えた。

ラシュディ氏に対してはイランの最高指導者だった故ホメイニ師が1989年、「悪魔の詩」がイスラム教を冒瀆しているとして一方的に死刑宣告していた。ラシュディ氏の代理人は容体について、人工呼吸器を装着し「片目を失明する恐れがあり、肝臓に損傷がある。会話はできない状態だ」と明らかにした。

男は米ニュージャージー州のヘイディ・マタール容疑者(24)。

ラシュディ氏はニューヨーク州西部シャトークアで開かれた文学イベントで講演する直前、壇上に乱入してきたマタール容疑者に背後から襲われた。ヘリコプターで病院に緊急搬送された。各国で迫害され亡命を余儀なくされた作家らについて講演する予定だったという。

「悪魔の詩」を巡っては91年、翻訳した筑波大の五十嵐一助教授=当時(44)=がキャンパスで首などを切られて殺害された。

ラシュディ氏が襲撃されたイベント会場には約2500人の観衆がいたが、特別な警戒態勢は敷かれておらず、警備の手薄さを指摘する声が上がっている。黒色の服とマスクを着用したマタール容疑者は階段を難なく駆け上がり、ラシュディ氏を押し倒して15~20回にわたり刺したり殴ったりを続けた。司会者も顔にけがを負ったが既に退院した。

米国のペンクラブ「ペン・アメリカ」は事件を非難する声明を発表し「公の場で作家がこのように襲われるのは米国で過去に類例がない」と指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン