/

この記事は会員限定です

遠のく巨大IT規制 米テックの逆襲、世論も関心薄く

アメリカン・デモクラシー 青か赤か④

[有料会員限定]

11月の米中間選挙に向けた舌戦が本格化し始めた今春以降、米国ではこんなテレビCMが目立って増えた。「ワシントンの政治家はアマゾンプライムの無料配送サービスを廃止に追いやろうとしている」

IT(情報技術)業界団体が広告を出した。支援するのはアマゾン・ドット・コムだけではない。グーグル、メタ(旧フェイスブック)、アップルの大手が名を連ねる。

狙うのは「米国イノベーション・選択オンライン法案(AICO...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1385文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

アメリカン・デモクラシー

アメリカでは2020年の大統領選挙を不正と信じる国民がなお3分の1に上ります。自由と人権を重んじるアメリカで揺らぐ民主主義(アメリカン・デモクラシー)について考えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン