/

米ユナイテッド航空、従業員3000人がコロナ感染

【ニューヨーク=中山修志】米ユナイテッド航空は11日、従業員のうち約3000人が新型コロナウイルスに感染していると明らかにした。米国でもオミクロン型の感染者が急増しており、パイロットや客室乗務員の不足から航空便の遅延や欠航が相次いでいる。

同社のスコット・カービー最高経営責任者(CEO)が従業員に宛てたメールを公開した。11日時点で従業員の約3000人が新型コロナに感染しており、米東部ニュージャージー州のニューアーク空港では従業員のおよそ3分の1が病欠したという。

一方、3000人の感染者のうちワクチンを接種した従業員の入院患者はゼロで、過去8週間で死亡例もなかったという。カービーCEOは「一部の人々が(従業員にワクチン接種を義務付ける)我々の方針に同意していないことは知っているが、ユナイテッドはワクチン接種を求めることが命を救い、正しいことだと証明している」と述べ、未接種者に速やかな接種を呼びかけた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン