/

邦人女性殺害男に禁錮23年 ブラジル中部

【サンパウロ=共同】昨年11月、ブラジル中部ゴイアス州アバジアニアで邦人女性が男に殺害された事件で、裁判所は10日、強盗や遺体隠蔽の罪に問われた男(19)に禁錮23年を言い渡した。男は控訴する方針という。ブラジルのメディアが12日までに報じた。

女性は赤松瞳さん=当時(43)。男は昨年11月10日、森にいた赤松さんを襲って殺害し、遺体を滝のそばに隠した。金を奪う目的で首を絞めて殺害したと供述していた。死因は頭部への損傷。

現地には超自然的な力で病気を治すとする有名な診療施設があり、赤松さんは数年前から滞在し施術を受けていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン