/

この記事は会員限定です

米、キューバをテロ支援国に 次期政権の融和路線けん制

[有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本英威】トランプ米政権は11日、キューバをテロ支援国に再指定したと発表した。オバマ前政権がキューバと国交回復の交渉を進めていた2015年5月に解除して以来の転換となる。20日に迫る米政権交代を直前にした再指定の背景には、バイデン次期大統領によるキューバへの融和路線をけん制する狙いがある。

ポンペオ米国務長官は11日の声明で「今回の行動でキューバ政府に再び責任を負わせる。(共産党第...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り770文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン次期政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン