/

この記事は会員限定です

ハイチ大統領暗殺、米在住の医師を逮捕 首謀者の1人か

[有料会員限定]

【メキシコシティ=宮本英威】カリブ海の島国ハイチの警察は11日、モイーズ大統領の暗殺事件を巡り、米フロリダ州に住むハイチ出身の医師を逮捕した。警察はこの容疑者が首謀者の1人だとみて取り調べを進めている。米紙ニューヨーク・タイムズなどが伝えた。

クリスティアン・エマニュエル・サノン容疑者(63)の住居では、武装集団が装った米麻薬取締局(DEA)の帽子、弾薬、銃のケースなどが発見された。

同容疑者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り192文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン