/

この記事は会員限定です

トランプ氏、捜査令状の公開容認 司法長官は正当性強調

(更新) [有料会員限定]

【ワシントン=坂口幸裕】米連邦捜査局(FBI)が8日に実施したトランプ前大統領邸宅の家宅捜索を巡り、米司法省とトランプ氏側の対立が激しくなっている。ガーランド司法長官は11日「私が捜査令状を(裁判所に)求める決定を承認した」と表明した。正当性を明らかにするため捜査令状の公開を申し立てたと明かし、トランプ氏も容認する意向を示した。

トランプ氏が大統領在任中に扱った機密を含む文書をホワイトハウスから...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1164文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン