/

米デトロイトの自動車ショー、21年も中止

【ニューヨーク=中山修志】米デトロイトで9月に開催予定だった北米最大の自動車展示会「北米国際自動車ショー」の中止が11日に決まった。新型コロナウイルスの影響で2020年の開催を見合わせたが、米国での感染拡大を考慮して21年も開催を断念する。次回の開催予定については明らかにしていない。

ショーの主催者団体が11日に中止を発表した。新型コロナの影響に配慮して今年は6月の開催時期を9月に遅らせることを決めていたが、新型コロナの感染拡大が収まらず、自動車メーカーなどの出展も難しいことから2年連続で中止を決めた。

北米国際自動車ショーは世界5大自動車ショーのひとつで、19年は約77万人が参加した。19年まで毎年1月に開催していたが、同時期に米ラスベガスで開くデジタル技術見本市「CES」との競合を避けるため、20年以降は6月に開催することになっていた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン