/

エーザイ認知症新薬、治験参加者のみ適用へ 米公的保険

(更新)

【ニューヨーク=野村優子】米国の高齢者向け公的医療保険「メディケア」の当局は11日、米バイオジェンとエーザイが共同開発したアルツハイマー病治療薬「アデュヘルム」について、臨床試験(治験)の参加者のみに保険適用する方針を発表した。最終決定されれば、同新薬を利用できる患者は制限されそうだ。

米国で医療保険を管轄する政府機関メディケア・メディケイド・サービスセンター(CMS)が発表した。米国立衛生研究所(NIH)が支援する治験など、CMSが認める治験の参加者が対象となる。治験以外での治療については、全国的に適用の対象外になるとした。今後はパブリックコメント(意見公募)を経た上で、4月半ばまでに最終決定する。

アデュヘルムを巡っては、米食品医薬品局(FDA)が昨年6月、条件付きで製造販売を承認した。ただ、薬価を独自試算する民間団体などが治療効果に対して高額な薬価を批判。バイオジェンは昨年12月、米国での価格を従来の年間5万6000ドル(約640万円)から約50%値下げすると発表していた。

バイオジェンはメディケアに採用されるなどの条件が整った場合、2022年に約5万人の患者が治療を受けると想定していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン