/

この記事は会員限定です

金融市場にリスク蓄積 新興国の住宅価格、2割下落も

[有料会員限定]

国際通貨基金(IMF)が金融市場のリスクに警戒を強めている。半年に1度まとめる国際金融安定性報告書(GFSR)では不動産価格の高騰や暗号資産(仮想通貨)の乱高下が金融システムに悪影響を及ぼす可能性を強調した。世界的なインフレ加速で利上げを迫られる新興国が増え、景気や金融市場が不安定になる恐れも指摘した。

リスクの一つが住宅市場の変調だ。ルクセンブルクやニュージーランド、トルコでは2019年末比の上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り810文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン