/

ロシアは「テロ支援国家」 ラトビア議会が決議

【ベルリン=共同】バルト3国の一つで、ロシアと国境を接するラトビアの議会は11日、ウクライナに侵攻したロシアを「テロ支援国家」に指定する決議案を全会一致で可決した。ロシア人への観光ビザの発行を停止するよう欧州連合(EU)加盟国に求めた。

決議は「ロシアはウクライナ市民を標的に大量虐殺をしている」と非難。各国に制裁の拡大と強化も促した。

ラトビアは8月からほぼ全てのロシア人へのビザ発行を停止している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン