/

米ガソリン価格過去最高 バイデン大統領は石油会社糾弾

think!多様な観点からニュースを考える

【ヒューストン=花房良祐】米国の平均ガソリン価格は11日、初めて1ガロン(約4リットル)あたり5ドル(約670円)台となり、過去最高となった。有権者の不満が渦巻くなか、バイデン大統領は石油会社を糾弾して政権批判をかわそうとしている。

全米自動車協会(AAA)によると、1年前に比べて約6割高くなった。夏の行楽シーズンに入り、ドライブ需要が増加していることなどが価格を押し上げた。車社会の米国では自家用車で通勤する人が多く、家計に打撃を与えている。

ガソリン価格の上昇は運送料などを通じて幅広い製品のコストに転嫁されやすい。バイデン政権はインフレ対策を最優先の課題と位置づけており、原油価格を抑えるために石油戦略備蓄の放出に踏み切ったほか、エネルギー業界に増産を促している。ただ、米国経済は新型コロナウイルス禍から立ち直り、原油市場の需給は逼迫している。

バイデン大統領はロシアのウクライナ侵攻も価格上昇の原因になったと主張しているほか、自国の石油会社もやり玉にあげている。10日にはロサンゼルスで演説し、「(原油高を受けて)エクソンモービルは神よりも稼いでいる」と批判。同社が稼いだ資金を開発投資にあてず、自社株買いといった株主還元を優先していると糾弾した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン