/

この記事は会員限定です

個人取引データの獲得競争が過熱 SEC、監視強化

熱狂・米個人マネー 変質する市場(下)

(更新) [有料会員限定]

「市場の集中は健全な競争を阻害する可能性がある」。6月上旬に開かれた金融カンファレンス。登壇した米証券取引委員会(SEC)のゲーリー・ゲンスラー委員長はマーケットメーカー(値付け業者)をけん制した。

手数料ゼロの取引が普及し、個人投資家の売買は爆発的に膨らんだ。熱狂の裏側で個人の取引の囲い込みが市場の新たな問題として注目されている。

ゲンスラー委員長が問題視したのは、オンライン証券が個人の注文を取...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1542文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン