/

ヴァージン創業者、宇宙飛行に成功 ベゾス氏に先んじる

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【シリコンバレー=白石武志】米宇宙開発ベンチャーのヴァージン・ギャラクティックは11日、創業者のリチャード・ブランソン氏らを乗せた宇宙船の試験飛行に成功した。20日の打ち上げを予定する米アマゾン・ドット・コム創業者のジェフ・ベゾス氏に先んじ、自ら開発を率いた宇宙船による飛行に成功した最初の起業家となった。

ヴァージンの宇宙船「スペースシップ2」は11日午前にニューメキシコ州にある自社の宇宙港を出発。母船となる航空機「ホワイトナイト2」で持ち上げたあと上空約14キロメートルで切り離され、ロケットエンジンを噴射して宇宙空間に向かった。

ニューメキシコ州の宇宙空港を離陸するヴァージンの宇宙船=AP

宇宙船は音速の3倍(マッハ3)まで加速して放物線を描くように高度90キロメートル近くまで到達。無重量状態を経て大気圏に再突入し、出発地点に戻った。母船からの切り離しから着陸までは約15分だった。

ブランソン氏は試験飛行後のイベントで「子どもの頃からこの瞬間を夢見ていた。全てが魔法のようだった」と振り返った。「我々の目的は宇宙を全ての人々によりアクセスしやすいものにすることだ」とも述べ、募金サイトと提携してヴァージンの商業飛行のチケットが当たる懸賞を実施することも明らかにした。

英連続起業家のブランソン氏は2004年にヴァージン・ギャラクティックを設立。22年の宇宙飛行の商業化を目指しており、アマゾン創業者で宇宙開発ベンチャーの米ブルーオリジンを率いるベゾス氏と大富豪による「宇宙飛行一番乗り」を競っていた。

今回の試験飛行で、ヴァージンの宇宙船は高度100キロメートルの「カーマンライン」を超えていないもよう。ブルーオリジンは「国際的に宇宙の境界と見なされているのは高度100キロメートルだ」と主張しており、今後、双方が宇宙飛行一番乗りを主張する可能性がある。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン