/

この記事は会員限定です

米民主、弾劾日程ジレンマ 上院送付に延期論も

(更新) [有料会員限定]

【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領の弾劾裁判を巡り、バイデン次期大統領がジレンマに陥っている。バイデン氏はトランプ氏の罷免を望む一方、弾劾裁判と新政権発足の日程が重複する可能性がある。新型コロナウイルスや落ち込む経済への対策など課題は山積しており、バイデン氏は難しい対応を迫られそうだ。

「あと10日で私たちは前進し、ともにこの国を立て直すことになる」。20日の大統領就任を控えたバイデン氏は10...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り792文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

バイデン次期政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン