/

この記事は会員限定です

ユナイテッド、電動旅客機に投資 コロナ下でも脱炭素

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

世界の航空各社が新型コロナウイルス後の生き残りをみすえ、環境対策に本腰を入れる。米ユナイテッド航空は電動旅客機、KLMオランダ航空は新燃料の次世代技術に投資し「温暖化ガス排出ゼロ」を探る。当局の規制や投資家の圧力、利用者の環境意識を背景に対策が不可避なためだ。ただコロナ下で経営は厳しく、業績回復と脱炭素との両立は容易ではない。

「脱炭素を実現する新技術を取り入れ、気候変動と戦う」(ユナイテッドのス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2112文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン