/

この記事は会員限定です

株高にインフレ再燃リスク(NY特急便)

米州総局 後藤達也

(更新) [有料会員限定]

米国株の上値が重くなっている。11月半ばまでは新型コロナウイルスのワクチン開発や米政権移行への期待で株価は急上昇したが、11月下旬以降はダウ工業株30種平均は3万㌦近辺で一進一退が続く。株高を抑える一因となっているのがインフレが再燃するリスクだ。

10日の市場の最大の話題は民泊仲介大手のエアビーアンドビーの新規上場だ。初値は146㌦と公開価格(68㌦)の2倍以上となった。コロナ感染の拡大が続くなか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1060文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン