/

この記事は会員限定です

バイデン政権の経済政策は 米ハーバード大教授に聞く

ファーマン氏「感染封じ徹底で成長促進」

[有料会員限定]

バイデン氏が20日、米大統領に就く。新型コロナウイルス抑制と経済再建という二重の難題を克服できるか。オバマ政権で大統領経済諮問委員会(CEA)委員長を務めたジェイソン・ファーマン米ハーバード大教授に新政権の経済政策を展望してもらった。

――世界経済の現状をどう認識していますか。

「2021年の経済成長は楽観している。ウイルスの封じ込めが期待され、先進国ではこれまで抑え込まれた需要の反動増が非常に強...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1070文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン次期政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン