/

20年10月~21年2月の米財政赤字、過去最高の1兆ドルに

ワシントンの米財務省=AP

【ワシントン=長沼亜紀】米財務省は10日、2021年会計年度の最初の5カ月にあたる20年10月から21年2月の財政収支の赤字幅が累計で1兆467億ドル(約114兆円)にのぼったと発表した。新型コロナ対策による支出増でこの5カ月の赤字額は、前年の同時期から67.6%増え、過去最高となった。

歳入は1兆4363億ドルで5.1%増えたが、歳出は2兆4830億ドルと24.7%増え、赤字が拡大した。歳入面では法人税収や米連邦準備理事会(FRB)からの国庫納付金が増えた一方、コロナ禍で落ち込んだ経済を支えるための家計への現金給付や、失業者への保険給付、食料費補助、医療保険の支払いなどで歳出が大幅に膨らんだ。

米議会予算局(CBO)は、21年会計年度の財政赤字は2兆3000億ドルに達すると試算している。バイデン政権の1.9兆ドル(約200兆円)の追加コロナ対策は10日、下院で可決され、バイデン大統領の署名で成立する。これにより赤字はさらに一段と拡大する見通しだ。

2月単月では3109億ドルの赤字で、赤字額は前年同月比32.2%増え、2月としては過去最高となった。歳入は2483億ドルで32.1%増えたが、歳出が5592億ドルで32.1%増えた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン