/

米国防総省、中国政策チームを新設 4カ月以内に提言

【ワシントン=中村亮】バイデン米大統領は10日、国防総省に中国政策を立案するタスクフォースを立ち上げると明らかにした。4カ月以内にオースティン国防長官やヒックス国防副長官に提言を提出する。中国との競争に向けて軍事分野でも政策の見直しを進める。

バイデン氏は国防総省で演説した。タスクフォースはインド太平洋地域での米軍の態勢や軍事作戦、同盟国の役割、技術、情報収集などについて提言する。中国専門家のイーリー・ラトナー国防長官特別補佐官をトップに15人で構成する。提言は公開しないが、議会に報告する予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン