/

米、ファイザー製ワクチンを12~15歳に接種へ

米国ではファイザー製ワクチンの12~15歳への接種が認められた=AP

【ニューヨーク=野村優子】米食品医薬品局(FDA)は10日、米製薬大手ファイザーと独ビオンテックの新型コロナウイルスワクチンについて、12~15歳への接種を承認すると発表した。これまでは16歳以上にしか接種が認められていなかった。子どものワクチン接種が広がることで幅広い年齢層の免疫獲得につながるほか、学校再開に向けた後押しとなる。

米国で12~15歳の新型コロナワクチン接種が認められるのは、ファイザー製が初めて。FDAのジャネット・ウッドコック氏は声明で「今回の決定は若年層を新型コロナから守り、パンデミックの終結につながる」と述べた。米国で9月に控える新学期に向けて、子どものワクチン接種が進むとみられる。

ファイザーは4月上旬、同年齢への緊急使用許可をFDAに申請していた。欧州連合(EU)をはじめとする世界の規制当局に同様の申請をしており、数週間内に承認される見通しという。カナダ政府は5日、米国に先駆けて12~15歳への接種を承認すると発表している。

同ワクチンは、12~15歳の被験者2260人が参加した臨床試験(治験)で、100%の有効性を確認した。ファイザーは生後6カ月から12歳未満を対象にした治験も進めている。

子どもへの接種は、集団免疫の達成も後押ししそうだ。米統計局によると2019年に18歳未満は米人口の22%を占め、集団免疫の獲得に向けては重要な存在となる。米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は3月、「人口の大部分がワクチンを接種する必要があり、そこには子どもも含めていかなければならない」と指摘していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン