/

この記事は会員限定です

米積極財政からの撤退戦 市場の「酔い」さます可能性

ワシントン=大越匡洋

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

財政と金融を拡大するバイデン米政権の経済運営「バイデノミクス」が危機下の陶酔からさめる局面に入る。新型コロナウイルスの感染が続くなか、金融緩和は縮小に向かい、積極財政もアクセルは緩む。これまでの追い風がやもうとし、景気の先行きに黄信号がともる。政策運営の軸足が脱危機に移り、米経済と政権の地力が試される。

「我々が直面したような複雑さ、課題、脅威を伴うことなく、終戦からの退避は実行できない」。バイデ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1530文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン