/

米大統領、ワクチン「見返り求めず」 5億回分寄付発表

バイデン米大統領は世界でのワクチン普及を後押しする考えを示した(10日、英コーンウォール)=AP

【コーンウォール=永沢毅】バイデン米大統領は10日、新型コロナウイルスワクチン5億回分を途上国に寄付すると発表した。訪問先の英南西部コーンウォールでの演説で「ひも付きではない。見返りや譲歩を求めて圧力をかけることはない。命を救うためだ」と述べ、条件をつけずに提供する考えを示した。台湾と国交のある国にはワクチンを提供していない中国との違いを鮮明にした。

ワクチンはファイザー製で、92の途上国とアフリカ連合(AU)を対象に年内に2億回分、22年前半中に3億回分を国際的な枠組み「COVAX(コバックス)」を介して提供する。これまでに表明済みの分とあわせると計5.8億回分にのぼり、現時点で世界最大のワクチン供与国となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン