/

アップルとグーグル、英競争当局調査へ「事実上の寡占」

【ロンドン=時事】英競争当局は10日、米IT(情報技術)大手アップルとグーグルに対し、スマートフォンなど携帯端末分野で「事実上の寡占状態にある」として、調査開始を検討していると発表した。両社によるスマホ基本ソフト(OS)の寡占状態には世界的に風当たりが強まっている。

英競争当局は、両社が携帯端末分野で「全ての手札を握っている」と指摘。OSやウェブブラウザー、アプリストアなどの支配に関し、「革新的な新規参入者や競合他社に公平な機会を与えるため、介入が必要だ」と訴えた。

特に携帯端末のブラウザー市場における両社の寡占の調査を検討。2021年に英国で行われた携帯端末のウェブ閲覧の約97%が、両社のブラウザーを通じたものだったという。

携帯端末分野の寡占状態に対しては、日本政府もデジタル市場競争会議を設置し、調査に乗り出している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン