/

この記事は会員限定です

米国の対中法案、補助金で「ゾンビ工場」も 識者に聞く

ケイトー研究所のリンシカム・シニア・フェロー

(更新) [有料会員限定]

米議会上院は8日、先端技術の競争力向上を目指す「米国イノベーション・競争法案」を可決した。中国に対抗するため、国家がトップダウンで産業を育成する政策に転換する。議会や産業界が必要性を訴えるが、反対論も根強い。自由競争や「小さな政府」を唱える立場から、法案に懐疑的な米ケイトー研究所のシニアフェロー、スコット・リンシカム氏に聞いた。

――法案づくりを主導した与野党の議員や米国半導体工業会(SIA)は、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1882文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン