/

この記事は会員限定です

米雇用に需給ギャップ 飲食・小売り、復職阻む3つの壁

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

【ニューヨーク=白岩ひおな】新型コロナウイルスのワクチン普及により経済の正常化が進む米国で人手不足が深刻化している。飲食や小売店が求人を出しても働き手が見つからず、現場からは機会損失やコスト増に悲鳴が上がる。コロナ後の復職を阻むのは、失業状態の方が実入りが増えるような手厚い失業給付など3つの壁だ。雇用の需給ギャップが長期化すれば、コスト増が企業収益を圧迫したり物価高騰を招いたりする悪循環が懸念され...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1884文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン