/

この記事は会員限定です

米、手厚い失業給付に逆風 モンタナ州など打ち切りへ

(更新) [有料会員限定]

【ワシントン=大越匡洋】新型コロナウイルス対策の一環で米連邦政府が上乗せしている週300ドル(約3万3000円)の失業保険給付への特別加算について、西部モンタナ州など一部の州政府が打ち切りに動き出した。景気回復で人手不足感があるなか、4月の就業者数の伸びは市場予想を大きく下回った。手厚い給付が働く意欲をかえってそぐとの批判が再燃し、危機下の安全網への逆風となっている。

「人手不足は連邦政府による追...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1240文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン