/

ライス元補佐官を中枢起用 バイデン氏

(更新)
スーザン・ライス氏はオバマ前政権で要職を歴任した=ロイター

【ワシントン=永沢毅】米大統領選で当選を確実にしたバイデン前副大統領は10日、オバマ前政権で要職を務めたスーザン・ライス氏をホワイトハウスで内政を統括する国内政策会議(DPC)の委員長に起用すると発表した。オバマ前大統領の首席補佐官だったデニス・マクドノー氏は退役軍人長官に指名する。

黒人女性のライス氏は国連大使や国家安全保障担当の大統領補佐官を歴任し、今回は副大統領や国務長官にも取り沙汰されていた。外交分野を専門としてきたが、バイデン氏の陣営は声明で「ライス氏は政府内外を熟知しており、より良き再建の努力を加速するだろう」と指摘した。

このほか、バイデン氏は米通商代表部(USTR)代表に議会法律顧問のアジア系女性キャサリン・タイ氏を、農務長官にはオバマ前政権で農務長官を務めていたトム・ビルサック氏を、住宅都市開発長官には黒人女性のマルシア・ファッジ下院議員をそれぞれ起用すると発表した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン