/

この記事は会員限定です

オミクロンまん延、対面業務に試練 米で420万人欠勤も

(更新) [有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本岳則】新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」のまん延で、経済的な影響を指摘する声が増えてきた。米国では、公共交通機関の乗務員や医療スタッフなど対面業務に就く労働者の欠勤が目立ってきたからだ。米金融大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)のエコノミストは1日あたり420万人が職場からの離脱を迫られると試算する。

米ジョンズ・ホプキンス大によると、米国の1日あたり新規感染者数(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1041文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン