/

ペルー大統領選、ケイコ氏不正訴え 左派候補リード僅差

不正選挙を訴え、抗議するケイコ氏の支持者ら(9日、リマ)=ロイター

【サンパウロ=外山尚之】6日実施のペルー大統領選の決選投票に出馬したフジモリ元大統領の長女、ケイコ・フジモリ氏(46)は9日、投票に不正があったとして一部の票を無効にするよう訴えると発表した。開票率は99.99%を超え、急進左派のペドロ・カスティジョ氏(51)がケイコ氏を僅差でリードしている。

地元メディアによると、ケイコ氏の陣営は一部の投票所で不正があったとして、有効投票数約1750万票のうち約20万票を無効とするよう全国選挙審査会に求めるという。

選挙管理当局の9日午後8時(日本時間10日午前10時)ごろの発表によると、開票率は99.99%を超え、カスティジョ氏の得票率が50.21%、ケイコ氏が49.79%。両者の得票差は約7万5000票となっている。

米州機構(OAS)など海外からの選挙監視団は大規模な不正の可能性を否定している。ケイコ氏は開票途中で自身が不利になった段階から不正選挙の可能性を指摘しており、首都リマでは支持者が選管当局に対する抗議活動を実施している。カスティジョ氏は9日夜、ツイッターに「国を混乱におとしめようとする挑発にのってはいけない」と投稿し、平和的に最終結果を待つべきだと支持者に呼びかけた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン