/

食肉大手JBS、サイバー攻撃に身代金12億円支払い

JBSはサイバー攻撃で北米と豪州の食肉処理場が停止した(米コロラド州の施設)=AP

【ニューヨーク=中山修志】ブラジルの食肉大手JBSは9日、サイバー攻撃を受けて5月下旬に北米とオーストラリアの食肉処理場の操業が止まった問題で、犯行グループに1100万ドル(約12億円)相当の身代金を支払っていたことを明らかにした。暗号資産(仮想通貨)のビットコインで支払ったとみられる。

JBSは9日の声明で「攻撃による予測不能な事態を軽減し、データ流出を食い止めるために支払いを決めた」とコメントした。現時点で顧客データなどの流出は確認されていないという。身代金を支払った時期や対象は明らかにしなかった。

同社は5月30日までにランサムウエア(身代金要求ウイルス)による攻撃を受け、北米と豪州の食肉処理場のシステムを停止した。6月1日から段階的に操業を再開し、3日に通常稼働に戻った。米連邦捜査局(FBI)はJBSへの攻撃がロシアの犯罪集団「レビル」によるものとみて捜査を進めている。

米国では東海岸の燃料パイプラインがロシアを拠点とする「ダークサイド」のランサムウエア攻撃を受け、運営会社コロニアル・パイプラインが440万ドル相当の身代金を支払った。米司法省は7日、コロニアルが支払った身代金の大半を奪還したと発表した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン