/

この記事は会員限定です

USTR代表にアジア系女性のタイ氏起用へ 中国に精通

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

【ワシントン=鳳山太成】米大統領選で当選を確実にした民主党のバイデン前副大統領は米通商代表部(USTR)代表に議会下院で法律顧問を務めるキャサリン・タイ氏を起用する方針だ。複数の米メディアが9日報じた。オバマ前政権のUSTRで中国担当を務めた実務家を採用し、懸案である中国との貿易問題に取り組む。

タイ氏はアジア系米国人女性で、2007年から14年までUSTRで中国を担当する法律顧問を務めた。中国に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り485文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン