/

この記事は会員限定です

個人台頭は「デジタル版ウォール街占拠」人気投資家語る

[有料会員限定]

機関投資家などのプロから見下されている立場を受け入れ、自らを「エイプス(猿)」や「ダム・マネー(愚かなカネ)」と呼ぶ個人投資家が米株式市場で存在感を高めている。動画共有サイト「ユーチューブ」で株式売買を実況中継し、SNS(交流サイト)でも人気を集める個人投資家のマット・コーズ氏(26歳)は「デジタル版のウォール街占拠運動が起きている」と話す。コーズ氏に個人の売買動向や「ミーム株」を巡る熱狂の背景を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1786文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン