/

米国防総省「トモダチ作戦は日米同盟の証し」 震災10年

9日、米国防総省のカービー報道官は東日本大震災に関し「米国は災害から日本国民が立ち直るきっかけをつくれたことを誇りに思っている」と述べた(国防総省)

【ワシントン=中村亮】米国防総省のカービー報道官は9日の記者会見で、2011年3月に起きた東日本大震災後に米軍が行った支援活動「トモダチ作戦」について「強固な同盟関係の証しだ」と強調した。「必要があれば米軍は積極的に支援するということを日本国民は知ってほしい」と語った。

カービー氏は震災後に現地を訪れたことに触れて「衝撃的な光景だった」と振り返った。「米国は災害から日本国民が立ち直るきっかけをつくれたことを誇りに思っている」と指摘。「大きな被害を受けた地域の多くの人々はいまだに被害の影響を感じているだろう」とも述べた。

米軍は震災後、艦船や航空機を使って物資の輸送を行い、人命救助にあたった。日本の自衛隊とも協力し、東北の復興を支援した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン