/

米エネルギー長官「今は戦時体制」 石油会社に増産要請

(更新)

【ヒューストン=花房良祐】グランホルム米エネルギー長官は9日、南部テキサス州ヒューストンで開催中のエネルギー業界の会合「CERAWEEK」で講演した。ロシアのウクライナ侵攻に伴うエネルギー価格の上昇について「我々は戦時体制にある。緊急時で、(エネルギー)需要を満たすために原油や天然ガスの供給を増やす必要がある」と述べ、石油業界の関係者に増産を促した。

ガソリン価格の上昇が家計を直撃するなか、環境重視のバイデン政権への風当たりは強まっている。これに対しグランホルム長官は、米国内の天然ガスと原油の生産量は増加していると主張した。シェールの掘削の許認可手続きを加速する方針も示した。石油業界では、バイデン政権になって掘削の許認可に時間がかかっているとの不満が高まっている。

脱炭素も進め、水素や原子力発電所、二酸化炭素(CO2)の回収・貯留などに資金支援する方針も示した。水素などの普及でエネルギー転換を加速させる考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン