/

この記事は会員限定です

メキシコ料理宅配、配達員3割増 コロナ失業の受け皿

[有料会員限定]

【メキシコシティ=清水孝輔】メキシコで料理の宅配サービスが雇用の受け皿になっている。メキシコ政府系の調査機関によると、宅配などの配達員は2021年に3割近く増える見込み。新型コロナウイルスで失業者が増え、巣ごもりで需要が高まった宅配市場に労働者が流れた。ただ強盗対策や交通事故など配達員の補償問題をめぐる課題も浮き彫りになっている。

メキシコの政府系の調査機関とメキシコインターネット協会が共同で実...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1146文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン