/

米司法当局、バイデン氏息子を捜査 税金めぐり

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
ハンター氏(左)に対する捜査は次期政権の発足へ準備を進めるバイデン氏に痛手となりかねない=AP

【ワシントン=中村亮】米大統領選で当選を確実にしたバイデン前副大統領の息子ハンター氏について、司法当局が捜査していることが9日、明らかになった。ハンター氏が発表した。税金にからむ内容が捜査項目になっている。家族のスキャンダルは次期政権の発足へ準備を進めるバイデン氏に痛手となりかねない。

ハンター氏の声明によると東部デラウェア州の連邦地検が8日、ハンター氏の弁護士に「税金をめぐる事項」を捜査していると通知した。ハンター氏は「とても重く受け止めている。ただ専門的かつ客観的な検証によって私が税務の専門家の助けを得ながら問題に合法的で適切に対処したことが証明されると確信している」と指摘。違法行為はないとの認識を示した。

バイデン氏の政権移行チームも声明で「バイデン次期大統領は最近数カ月間の悪意のある個人攻撃を含めて困難を乗り越えて強くなった息子のことを深く誇りに思っている」と強調した。トランプ大統領は大統領選で、ハンター氏が海外ビジネスを通じて不正に利益を得たと繰り返し主張していた。

ハンター氏をめぐる詳しい捜査内容は明らかになっていないが、バイデン氏に対する不信感が国民に広がる可能性がある。バイデン氏はトランプ氏について、2016年と17年に支払った所得税がそれぞれ750ドルにすぎなかったとの報道を引用し、過少だと批判したこともあった。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン