/

米コストコ9~11月、純利益14%増 「商品確保に注力」

【ニューヨーク=河内真帆】米会員制量販店コストコ・ホールセールが9日発表した2021年9~11月期決算は、純利益が13億2400万ドル(約1500億円)と前年同期比14%増えた。食料品などの値上がりに加え、物流網の混乱により一部で品薄となったが、消費者の購入意欲は堅調だった。

売上高は同17%増の494億1700万ドル。既存店売上高は15%増で、市場の事前予測(約13%増)を上回った。主力の米国は14.9%増、カナダは17.2%増えた。ネット通販も14.3%増と好調だった。年会費は10%増の9億4600万ドルだった。クレイグ・ジェリネック最高経営責任者(CEO)は決算説明会で「納入業者の協力と当社の購買力により、商品の確保に努めている」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン