/

この記事は会員限定です

逆風鎮められるか バイデン氏、中間選挙へ成果急ぐ

トランプ氏捜査が変数に

[有料会員限定]

【ワシントン=坂口幸裕】バイデン米大統領は11月の中間選挙をにらみ内外の課題で成果づくりを急ぐ。足元では滞っていた目玉政策の法案を相次ぎ前進させ、物価高などに伴う支持率低迷からの反転攻勢をうかがう。長引く逆風を鎮められるのか。世論の評価が割れるトランプ前大統領の不正疑惑の行方も変数になる。

新型コロナウイルス感染から復帰したバイデン氏は9日、上機嫌な様子でホワイトハウスで演説に臨んだ。「チャック...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1116文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン