/

NYダウ4日続落151ドル安 米景気の回復鈍化を懸念

(更新)

【NQNニューヨーク=横内理恵】9日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4日続落し、前日比151ドル69セント(0.4%)安の3万4879ドル38セントで終えた。3万5000ドルを割り込んだのは8月19日以来。新型コロナウイルスのインド型(デルタ型)の感染拡大による米景気の回復鈍化懸念が売りを誘った。バイデン米政権が薬価引き下げの包括案を発表し、製薬株が売られたのも相場の重荷となった。

アメリカン航空グループなど空運各社が9日、デルタ型の感染拡大を理由に2021年7~9月期の売上高見通しを一斉に引き下げた。今週に入ってエコノミストによる年後半の米経済成長率見通しの引き下げも相次いでいる。米連邦準備理事会(FRB)は8日発表の米地区連銀経済報告(ベージュブック)で夏場に景気回復ペースがやや鈍ったとの認識を示していた。1日あたりのコロナの新規感染者数(7日平均)も高止まりしており、経済正常化の遅れが改めて警戒された。

工業製品・事務用品のスリーエム(3M)や化学のダウなど、景気敏感株の一角が下げた。

製薬株への売りも相場を下押しした。米保健福祉省が9日、薬価を抑える対策を公表した。高齢者向けの公的医療保険「メディケア」での薬価交渉を可能にする法改正などを狙っており、製薬会社の収益を圧迫しかねないと懸念された。バイオ製薬のアムジェン、製薬のメルク、医薬・日用品のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の3銘柄でダウ平均を約70ドル押し下げた。

ダウ平均は午前中は168ドル高まで上昇する場面があった。9日発表の週間の米新規失業保険申請件数が31万件と市場予想以上に減り、コロナ感染が本格化した昨年3月以降の最低を更新した。9月上旬に全米で失業保険の拡充措置が失効し、申請件数はさらに減る見込み。米雇用が伸び悩むとの懸念がやや和らいだことも投資家心理の支えとなった。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は続落し、前日比38.383ポイント(0.3%)安の1万5248.254で終えた。スマートフォンのアップル、ネット通販のアマゾン・ドット・コムなど8月下旬以降に上昇基調が続いた主力株に利益確定売りが出た。製薬株が売られる流れに押され、バイオ製薬のバイオジェンが7%下げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン