/

この記事は会員限定です

「空箱」上場400社、米M&Aを席巻 緩和マネーが拍車

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

企業買収のみを目的に上場して、事業を営まない「空箱」のような会社のSPACが米国で存在感を高めている。1月の新規株式公開(IPO)の6割を占める。年初からの買収額は9兆円に迫り、米M&A(合併・買収)市場全体の3割に達した。電気自動車(EV)関連など成長期待の高い企業が短期間で上場できているが、売上高がゼロの企業が相次ぎ買収されるなど急拡大には危うさがある。

SPACには新型コロナウイルスの感染拡...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1953文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン