/

Facebook、スマートグラス発売 「レイバン」と共同で

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【シリコンバレー=奥平和行】米フェイスブックと眼鏡大手の仏エシロール・ルクソティカは9日、写真の撮影や音楽の再生などが可能な「スマートグラス」を米国などで発売した。フェイスブックは次世代技術として仮想現実(VR)や拡張現実(AR)の開発に注力しており、対応する製品群を広げる。

エシロールが展開する「レイバン」ブランドの製品として「レイバン・ストーリーズ」を発売した。定番の「ウェイファーラー」などの型を用意し、米国における価格は299ドル(約3万3000円)からに設定。北米とオーストラリア、英国などで売る。現時点で日本は対象外で、発売時期は未定としている。

米フェイスブックのスマートグラスは「レイバン」のサングラスのデザインを踏襲した

通常のサングラスの意匠を踏襲し違和感を減らす一方、フレームに500万画素の小型カメラを2つ組み込み、マイクやスピーカー、操作用のタッチセンサーも内蔵した。音声コントロールやタッチセンサーの操作により写真や30秒までの動画の撮影が可能なほか音楽の再生、通話もできる。

フェイスブックが提供するスマートフォンのアプリ「フェイスブック・ビュー・アップ」と組み合わせて使い、撮影した画像の編集や、SNS(交流サイト)や対話アプリを通じた共有ができるようにした。約1時間の充電で6時間程度の利用が可能という。

スマートグラスなどの眼鏡型端末は「スマホの次」として過去に注目を浴びたが、本格的に普及していない。米グーグルが2013年に発売したもののプライバシー侵害との指摘を受け、現在は提供を業務用に限っている。フェイスブックはカメラの稼働時に発光ダイオード(LED)が点灯して周囲の人に分かるようにするなどしてこの問題を防ぎたい考えだ。

フェイスブックは14年に米オキュラスVRを買収し、ゴーグル型のVR端末に参入した。スマートグラスの発売はこれに続くウエアラブル機器を強化する動きだ。スマートグラスを通じて眼鏡型端末の知見を蓄え、現実の景色に文字やCG(コンピューターグラフィックス)で作成した画像を重ね合わせることができる本格的なAR対応製品の実用化につなげる。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン