/

この記事は会員限定です

米当局、幼児向けワクチンを承認 生後6カ月から

[有料会員限定]

【ニューヨーク=野村優子】米食品医薬品局(FDA)は17日、ファイザー製とモデルナ製の新型コロナウイルスワクチンについて、生後6カ月以降を対象に緊急使用許可を出したと発表した。米国で5歳未満はワクチン接種が認められていなかった年齢層だが、これでほぼ全人口に対象が広がることになる。早ければ20日から接種が始まる見通しだ。

ファイザー製は生後6カ月から5歳未満が対象となり、成人の10分の1となる3マ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り507文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン