/

この記事は会員限定です

米の20年、内向く超大国に 民主主義再建へ試練

同時テロ20年

[有料会員限定]

米国は同時テロ以降の20年で、超大国としての存在感が大きく揺らいだ。圧倒的だった経済、安全保障の力が相対的に弱まり、内向き志向を強める。国内では党派や人種、所得などによる社会の分断が進む。中国との覇権争いに向け、民主主義の再建で、豊かさを得られるとの信頼を取り戻すことが課題となる。 

「9月11日が近づくと『またテロリストが攻撃を仕掛けてくるのではないか』と毎年心配になる」。ウェストバージニア州で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1319文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン